第33章 覚えておきたい会話表現

会話表現

第33章 覚えておきたい会話表現

ここでは簡単な単語を使ったよく使われる会話表現、ぜひ覚えておきたい会話表現について見てみましょう。

33-1. 押さえておきたい表現(これがすべてではないので注意)

1
How dare you 〜!(よくも〜してくれたわね)
2
I apologize if〜.(もし〜だったらごめんね)
3
Not〜.(〜とも言えないよ)
4
What if 〜?(〜したらどうする?)
5
How come 〜?(= How did it come that 〜).(なぜ〜しなかったの, 〜はどうしてですか)
6
Feel 〜.(〜を触ってみて)
7
It’s not like 〜.(〜ってわけじゃないのよ)
8
What happened to 〜?(〜はどうなっているの?)
9
I’m sorry about not 〜ing.(〜しなくてごめん)
10
Don’t treat me like 〜.(〜扱いしないでよ)
11
What’s the 〜?(何をそんなに〜しているのですか?)
12
That’s very 〜of you.(あなたってとても〜なのね)
13
I miss 〜.(〜が懐かしいなあ)
14
It’s a pity 〜.(〜なんて残念!)
15
You can’t stay 〜.(いつまでも〜していたらだめ!)
16
It’s about time + S + V(過去形).(そろそろ〜したらどう?)
17
She’s good at 〜.(彼女は〜が上手だよ)
18
What’s up?(いったいどうしたんだ)

上記33-1.の5のhow comeについては、ビートルズの曲の中では次のように使われています。

I’ve Got A Feeling Wondering how come nobody told me(どうして誰も教えてくれなかったのか)

上記33-1.の13のmissについては、ビートルズの曲の中では次のように使われています。少し意味が異なります。

Nowhere Man You don’t know what you’re missing(君は見落としていることがわからない)
Misery She’ll miss her only one, lonely one(哀れなこの僕がいないことを寂しいと思うだろう)
You Won’t See Me I wouldn’t mind if I knew what I was missing(本当に恋しいものが何か分かっていれば僕は気にしないだろう)
Happiness Is A Warm Gun She’s not a girl who misses much(彼女は物事を見落とすような女じゃない)

33-2. うっかり間違って使いそうなフレーズをピックアップ

1
Like 〜.(〜なんてありえないでしょ)
2
I’m sorry + 主語 + V(現在, 過去などいずれもOK).(〜してごめん)
3
I’m sorry + 主語 + V(過去形).(〜しなければよかった)

上記2との区別は文脈で判断する。
4
I’ll go and 〜.(〜しに行ってくるよ)
※ goに限ってはその後のandは省略可能。
5
You deserve + 名詞, 動名詞またはto不定詞(あなたなら〜する価値がある, 〜に値する)
6
worth 〜ing(〜する価値がある, 〜に値する)
7
I’m almost + V(過去分詞または現在分詞)

I almost + V(過去)

(もう少しで〜だ, 危うく〜しかけた)
8
play 〜’s game
play the game of 〜
(〜の言う通りにする, 望み通りにする)
9
It’s 〜 that matters(問題[大事]なのは〜だ)
10
learn to 〜(〜するのを覚える)
11
just because 〜(単に〜だからといって)
12
be meant to 〜(〜することになっている)
13
born 〜(生まれながらの〜)
14
You’d make a 〜(あなたならきっといい〜になるよ)

上記33-2.の6のworthについては、ビートルズとクィーンの曲の中では次のようにworth itとして使われています。

A Hard Day’s Night And it’s worth it just to hear you say(君の言うことをただ聞くだけでも価値あることだ)
Was It All Worth It?

Queen
Was it all worth it?(全ては価値ある事だったのか)

上記33-2.の8のgameについては、意味は異なるかもしれませんが、ビートルズの曲の中では次のような歌詞に見られます。

I’m Lookin Through You I’ve learned the game(もうその手はくわない)
I Want To Tell You The games begin to drag me down(そのゲームは僕を引きずりおろし始める→僕はいつもヘマばかり)
Tomorrow Never Knows play the game existence to the end(最後まで存在するというゲームをやってごらん)

上記33-2.の9のmatterについては、ビートルズやクィーンの曲の中でも否定形でよく使われています。

Fixing A Hole It really doesn’t matter(それは大したことではない)
Strawberry Fields Forever It doesn’t matter much to me(それは僕には大したことではない)
I Will But it never really mattered(けれどそれは大したことはない)
Only A Northern Song It doesn’t really matter(大した問題ではない)
Bohemian Rhapsody nothing really matters(何も大したこと無い)

上記33-2.の12のbe meant to beについては、ビートルズの曲の中では次のように使われています。

Got To Get You Into My Life you were meant to be near me(君は僕の近くにいることになっていた)
All You Need Is Love Nowhere you can be that isn’t where you’re meant to be(自分が居るはずの場所に居られないところはどこにもない)

上記33-2.の14のmakeについては、ビートルズの曲の中では次のように使われています。

I Call Your Name I’m not gonna make it(このままじゃうまくいかないよ)
Dr. Robert he’ll make you(彼は治してくれるよ)
Oh! Darling I’ll never make it alone(僕は決して一人では達成できない)
Polythene Pam She’s the kind of a girl that makes the “News of The World”(彼女はニューズ・オブ・ザ・ワールドに載るような娘なんだ)

次は誤解しやすい会話表現について見てみましょう。

  • 英語学習トップページ
  • 第1章:文の構造
  • 第2章:5文型
  • 第3章:文の種類
  • 第4章:名詞
  • 第5章:冠詞
  • 第6章:代名詞
  • 第7章:形容詞
  • 第8章:副詞
  • 第9章:動詞
  • 第10章:助動詞
  • 第11章:接続詞
  • 第12章:関係詞
  • 第13章:前置詞
  • 第14章:群動詞
  • 第15章:比較構文
  • 第16章:否定構文
  • 第17章:受動態と能動態
  • 第18章:仮定法
  • 第19章:不定詞
  • 第20章:分詞
  • 第21章:動名詞
  • 第22章:話法
  • 第23章:倒置
  • 第24章:強調
  • 第25章:省略
  • 第26章:名詞構文
  • 第27章:無生物主語
  • 第28章:挿入構文
  • 第29章:英語独特の会話表現
  • 第30章:英会話の決まり文句
  • 第31章:会話表現の特徴
  • 第32章:会話表現の発音
  • 第33章:覚えるべき会話表現
  • 第34章:誤解しやすい会話
  • 第35章:韻を踏んでいる歌詞
  • 第36章:お決まりのフレーズ
  • 第37章:教科書と日常の英語
  • 第38章:Beatlesの頻出単語
  • 第39章:英語の咄嗟の一言
  • 第40章:話しかけるフレーズ
  • ビートルズの曲名に基づく索引(a,b,c,…)
  • 英国オリジナルアルバムの発表順に基づく索引
  • 関連記事

    特集記事

    最近の記事

    1. There must be more to life than thisの意味を文法的に辿って解釈

    2. 2022年に撮影した自然のワンショット動画

    3. マイク・マイヤーズとボ・ラプ

    4. Which Beatles album do you think is the best?

    5. Which Beatles song is perfect for a wedding?

    カテゴリー

    タグ

    TOP