第8章 副詞の基本的な働き

英文とその構成要素

Contents

第8章 副詞

副詞は主に動詞や形容詞、他の副詞などを修飾する語で、文の主要素になることはありません。副詞を大別すると、単純副詞、疑問副詞、関係副詞の3つに分けられますが、単純副詞(一般の副詞)は他の品詞と比べて用法が複雑であり、文中で様々な位置に置かれるので、注意が必要です。疑問副詞は、基本的な用法は疑問代名詞と同じですので、疑問代名詞と関連づけて学ぶことが大切です。(関係副詞第12章参照)

ビートルズなどの洋楽歌詞に特に興味がない方は、下記の引用部分を飛び越えて文法のセクションへジャンプできます。↓

ビートルズの歌詞に出て来るいろいろな副詞

If I Fell from the very start(まさに最初から)
For No One And yet you don’t believe her(そしてそれでも君は彼女を信じない)
Sexy Sadie You’ll get yours yet(そのうち報いを受けるよ)
The Night Before Treat me like you did the night before(前日の夜のように扱っておくれ)
Dh! Darling I nearly fell down and died(倒れて死んでしまいそうだった)
Last Christmas
(Wham!)
But the very next day you gave it away(でもまさに次の日に君は裏切った)

強調の副詞howを含むビートルズの歌詞

Something You know I believe and howうん。とってもそう思っているよ)

ビートルズの歌詞に出て来るいろいろな意味の副詞のjust

I Call Your Name But just the same(しかしそれでも)
She’s A Woman She’s happy just to hear me say that 〜(彼女は俺の僕が〜と言うのを聞くだけで幸せなのさ)
Help Not just anybody(誰でもというわけではないけど)
Help I know that I just need you like I’ve never done before(僕にはかつてないくらい君が必要だと気づいたよ)
I Need You I just can’t go on any more(私はもはややっていけないんだよ)
I Need You So come on and back and see just what you mean to me(僕にとって君が何を意味するか見に戻っておいで)
It’s Only Love Just the sight of you makes nighttime bright(君がいることが夜の闇を明るくするんだ)
I’ve Just Seen A Face She’s just the girl for me(彼女こそ僕の理想の女性だ)
Nowhere Man (He) Just sees what he wants to see(彼が見たいものだけしか見ない)
Think For Yourself Try thinking more if just for your own sake(自分の為にと思うならもっとよく考えようとしな)
The Word Give the word a chance to say that the word is just the way(言葉が唯一の方法ということを言うために、言葉にチャンスを与えよう)
Run For Your Life Just to make you toe the line(君に規則を守らせようと)
Dr. Robert Don’t pay money just to see yourself with Doctor Robert(お金は払うな、ドクター・ロバートに診てもらうだけでいいんだ)
Got To Get You Into My Life You knew I wanted just to hold you(君をただ抱きしめたいというのを君は知っていた)
With A Little Help From My Friends I just need someone to love(愛する人がいさえすればいい)
A Day In The Life But I just had to look(僕はじっと見ずにはいられなかった)
The Fool On The Hill he’s just a fool(彼はただの馬鹿だ)
Julia But I say it just to reach you, Julia (しかし、あなたに聞いてほしいだけでそれを言うよ、ジュリア)
Sexy Sadie The world was waiting just for you(世界はまさにあなたを待っていた)
Sexy Sadie We gave her everything we owned just to sit at her table(私達は彼女のテーブルに着くためだけに持っているものすべてを与えた)
Dig A Pony Everything has got to be just like you want it to(すべてがあなたの望む通りにならなければならない)
Come Together He just do what he please(彼は彼がしたいことだけする)

ビートルズの歌詞に出て来る副詞句one dayとsome day

I’ll Follow The Sun One day you’ll look to see I’ve gone(いつか必ず君は私が去ってしまったことに気づくだろう)(← 結果を表すto不定詞

Some day You’ll know I was the one(いつの日か君は)

ビートルズの歌詞に出て来る所有代名詞

Sexy Sadie You’ll get yours yet(= You will get what you deserve yet = You will get what is coming to you yet)

ビートルズの歌詞に出てくる2種類のplease(曲名中のpleaseのうち、前者は副詞、後者は動詞)

Please Please Me Please please me like I please you(俺が君を喜ばせるように君も僕をどうか喜ばせておくれ)

8-1. 副詞の用法

動詞を修飾 The birds are singing merrily.(鳥が楽しそうに歌っている)
形容詞を修飾 The patient is seriously ill.(その患者は危篤です)
This novel is very interesting.(この小説はとても面白い)
副詞を修飾 He got up much earlier than usual.(いつもよりずっと早く起きた)
句を修飾 We started soon after his arrival.(我々は彼の到着後すぐに出発した)
The accident happened entirely through your neglect.(その事故は全く君の怠慢で起きたのだ)
節を修飾 Don’t look down on him merely because he is poor.(貧しいからといって彼を軽蔑するのはよくない)
文全体を修飾 Luckily he won the first prize.(幸運にも彼は一等賞を得た)
名詞を修飾 Even Homer sometimes nods.(ホーマーでさえ過ちをすることがある—弘法も筆の誤り(諺))
代名詞を修飾 Only you are entitled to vote.(あなただけが投票する資格がある)

8-2. 副詞の語形

8-2-1. 「形容詞+-ly」の副詞

(a) -yで終わる語 yをiに変えて-lyをつける easy→easily(たやすく)
happy→happily(幸福に)
(b) -leで終わる語 eをとって-yをつける noble→nobly(気高く)
gentle→gently(やさしく)
(c) -llで終わる語 -yをつける full→fully(十分に)
dull→dully(鈍く)
(d) -ueで終わる語 eをとって-lyをつける true→truly(本当に)
due→duly(正当に)

whole(全体の)→wholly(完全に)は例外。

8-2-2. 形容詞と同形の副詞

He is an early riser.<形容詞>
(彼は早起きだ)

He gets up early.<副詞>
He is a hard worker.<形容詞>
(彼は勤勉だ)

He works hard.<副詞>
The mountain is high.<形容詞>(その山は高い)

The bird flew up high into the air.<副詞>(その鳥は空高く飛び上がった)

その他、late (遅い、遅く), fast(速い、速く), long (長い、長く), far (遠い、遠く), low (低い、低く)などがある。

※ 副詞の中には、形容詞と同形のものと、-lyがついたものの2つの形を持ち、意味が異なるものがあるので注意が必要である。

It is raining hard.(雨が激しく降っている)

I could hardly understand him.(彼の言う事はほとんど理解できなかった)
I sat up late last night.(昨夜は遅くまで起きていた)

I have seen nothing of him lately.(彼には最近全然会っていない)
Christmas is drawing near.(クリスマスが近づいてきた)

I was nearly drowned.(私はほとんど溺れていた→寸でのところで溺れそうになった)
high(高く)
highly(高度に)
just(ちょうど)
justly(公正に)
most(最も)
mostly(大部分は)

ビートルズの歌詞に出て来る副詞のjust

justには「正しい, 公正な, 正当な, 当然な, 適正な, 適切な, まさに, ちょうど, まさしく, ただ, ほんの, まったく, 本当に」など、いろいろな意味があります。↑冒頭の引用を参照

friendlyは副詞なのでしょうか?

-lyが付いている語はすべて副詞とは限りません。「形容詞+ly」は副詞になるが、「名詞+-ly」はふつう形容詞になります。従って、friendという名詞に-lyが付いたfriendlyは形容詞で、「友好的な」という意味です。その他、cowardly(臆病な), heavenly(天の), bodily(体の), lovely(かわいい), manly(男らしい), lively(いきいきした), timely(時を得た)などがあります。
同じように「名詞+-ly」の形でも、daily, weekly, monthly, yearly, bimonthly(隔月の)等のように、形容詞としても副詞としても使う語があります。

-lyを付けたりつけなかったりする語

次のように、慣用的に-lyを付けたり付けなかったりする語があります。

Speak loud and clear.(大きな声ではっきり話しなさい)

I heard the voice clearly.(私はその声をはっきり聞きました)
Come quick.(早くいらっしゃい)

Time passes very quickly.(時が経つのはとても早い)
Drive slow.(ゆっくり運転しなさい)

Speak more slowly.(もっとゆっくり話しなさい)

8-3. 副詞の意味上の種類

時の副詞 today, tomorrow, yesterday, now, then, soon, early, late, before, yet, recently, etc.
場所の副詞 here, there, far, near, in, out, down, under, above, somewhere, etc.
状態の副詞 how, well, gladly, fast, so, quickly, etc.
程度・分量の副詞 enough, little, almost, only, very, etc.
頻度の副詞 often, once, twice, again, rarely, sometimes, etc.
理由・推論の副詞 why, consequently, therefore, etc.
譲歩の副詞 anyway, notwithstanding(それにもかかわらず), anyhow, etc.
肯定・否定の副詞 yes, no, not, certainly, perhaps, etc.

8-4. 副詞の位置

8-4-1. 形容詞・副詞・句・節を修飾する場合

I am quite well, thank you.(おかげさまで元気です)
She speaks French very fluently.(彼女はフランス語をとても流暢に話します)
He turned up exactly at noon.(彼はちょうど正午に現れました)

ただし、enoughは常に形容詞・副詞のあとに置かれる。
You are old enough to help your mother.(君はもうお母さんを手伝ってもいい年です)

8-4-2. 動詞を修飾する場合

8-4-2-1. 状態を表わす副詞

ふつう動詞のあとにくる。ただし、動詞が目的語をとる時は目的語のあと、または動詞の前にきます。

We laughed heartily.(心行くまで笑いました)
He closed the door quietly.(彼は静かにドアを閉めた)
He quietly closed the door.

※ nearly, almostは、動詞で示される事態になりそうだがならなかったことを示します。

I nearly missed the the train.(寸での所で列車に乗り遅れるところでした)

He was almost frozen to death.(彼は危うく凍死するところでした)

強調の副詞nearlyを含むビートルズの歌詞

No Reply I nearly died
Dh! Darling I nearly broke down and cried

8-4-2-2. 頻度を表わす副詞

always, usually, often, frequently, sometimes, generally, nearly, seldom, rarely, hardly, neverなどは、ふつうに動詞の前に置き、be動詞の場合には後に置く。ただし、「助動詞+本動詞」の場合にはその間に置きます。

He seldom goes out on Sundays.(彼は滅多に日曜に外出しない)
He is seldom at home weekdays.(彼は平日に家にいることは滅多にない)
I have seldom heard him read English aloud.(彼が英語を音読するのを滅多に聞いたことがない)

8-4-2-3. 特定の時を表わす副詞(句)

They got married yesterday.(彼らは昨日結婚した)
Last summer they went on a trip around the world.(昨年の夏、彼らは世界一周の旅をした)

8-4-3. 文全体を修飾する場合

ふつう文頭に置くが、動詞の前に置くこともあります。

Luckily, he did not die.(幸運にも彼は死ななかった)= It was lucky that he did not die.

※ 副詞の位置によって意味が異なる場合があるので注意。
He did not die happily.(彼は幸福な死に方をしなかった)
He kindly showed me the way.(彼は親切にも道を教えてくれた)= He showed me the way and it was a kind act of his.

8-4-4. 副詞(句)を並べる順序

8-4-4-1. 時の副詞(句)(小から大へ):日本語とは逆に、小さい方から順に並べる

I was born at six on the morning of May 5th, in 1965.(私は1965年5月5日の朝6時に生まれた)

※ ただし、大きな単位に重点を置くような場合、順序が逆になることがあります。
They arrived yesterday morning about seven o’clock.(彼らは昨日の朝7時頃着きました)

8-4-4-2.場所の副詞(句)(小から大へ):日本語とは逆に、小さい方から順に並べる

4-53 Takanawa, Minatoku, Tokyo.(東京都港区高輪4-53)

※ まず大まかに言って、あとから細かく言うという英語の特徴があります。それゆえ、上の順序が逆になることも少なくありません。

He is out in the garden.(彼は庭に出ています)

High above the city on a tall column stood the statue of the Happy Prince.(市の高台にある円塔の上に、幸福な王子の像がそびえ立っていました)

8-4-4-3. 時と場所の副詞(句)を同時に使う時「場所→時」の順序になる。

We arrived at the airport at seven.(私達は7時に空港に着いた)
Dr. Hideyo Noguchi died in Africa in 1928.(野口英世博士は1928年にアフリカで亡くなった)

8-5. 注意すべき副詞の用法

8-5-1. very, much

veryとmuchはともに「非常に」の意味である。原則として次の1〜3のような対照的な用法の違いがあります。

very much
1
形容詞・副詞を修飾 動詞を修飾
2
現在分詞を修飾 過去分詞を修飾
3
原級を修飾 比較級・最上級を修飾

8-5-1-1.

He is very anxious to study abroad.<形容詞を修飾>(彼はとても留学したがっている)
Listen to me very carefully.<副詞を修飾>(私の言う事をよく注意して聞きなさい)
Don’t work so much as to tire yourself out.<動詞を修飾>(くたくたに疲れるほど働いてはいけない)

※ veryが強意のために名詞を修飾することがある。
He is the very image of his grandfather.(彼はおじいさんに生き写しです)

8-5-1-2.

This short story is very interesting.<現在分詞を修飾>(この短編小説はとても面白い)
His car was much damaged.<過去分詞を修飾>(彼の車はひどい傷がついた)
ただし、過去分詞が動詞としての意味が薄れて形容詞化している時にはveryがふつう用いられる。

He wore a very worried appearance.(彼はとても悩んでいる様子だった)
I am very tired.(私はとても疲れています)

※ 口語ではpleased, delighted, excited, surprised, satisfiedなどはveryを用いる傾向が強い。

ビートルズの歌詞に出てくる副詞のpleaseと動詞のplease

Please Please Me Please please me, woh yeah, like I please you

8-5-1-3.

Tom is very tall.(トムはとても背が高い)<原級を修飾>
Tom is much taller than I.(トムは私よりずっと背が高い)<比較級を修飾>
Tom is much (=by far) the tallest of us all.(トムは私達3人の中でずばぬけて背が高い)<最上級を修飾>

※ veryが最上級を強調することがあります。
It is the very best thing he can do.(彼に出来るのはせいぜいそれぐらいだ)
この場合、muchが最上級を強調する時の語順に違いがあります。「the very+最上級」「much the+最上級」

This is much different from that.は正しい文か?

※ differentは2者を比較するときに使うので、比較級に準じてmuchで修飾することができます。従って、This is much different from that.は正しいです。likeやalike等も一種の比較なので、muchで修飾できます。

This city is much like London.
(この都市はロンドンにとてもよく似ている)

They are all very much alike.
(それらはみな大変よく似ている)
ただし、口語体ではいずれもveryで修飾するのがふつうです。

8-5-2. ago, before

ago 現在を基点として「今から〜前」の意味 過去時制に用いる
before 期間を示す副詞が前に付く時⇒「(過去または未来のある時から)〜前」の意味 過去完了または未来時制に用いる
単独で使われる時⇒「漠然と過去を示し、「以前に」の意味 現在完了、過去時制または過去完了に用いる

8-5-3. already, yet, still

already 肯定文で 「すでに〜した」の意味
疑問文で 「驚き、意外」を表わす
yet 疑問文で 「もう〜したか」の意味
否定文で 「まだ〜しない」の意味
肯定文で 「まだ」

I have yet to do the dishes.(私はまだ皿洗いをしていない)

未来形の文で「やがては、いずれは、そのうち」
still 肯定文で 「まだしている」と継続に使う

ただし、上記のyetの場合と同様、肯定文の形でも意味は否定の例がある。
I have still to do the dishes.(私はまだ皿洗いをしていない)
否定文で 「まだ〜しない」の意味

ビートルズの歌詞に出て来る所有代名詞

Sexy Sadie You’ll get yours yet(= You will get what you deserve yet = You will get what is coming to you yet)

8-6. 疑問副詞

when 「いつ」(時) When will you back?(いつお帰りになりますか).
where 「どこ」(場所) Where am I?(ここはどこでしょう)
why 「なぜ」(理由) Why areyou so early this morning?(なぜ今朝はそんなに早いの)
how 「どのようにして」(手段・方法・程度) How do you come to school? ー By train.(学校へはどうやって来るの ー 電車です)

How tall do you think I am?(私の身長はどのくらいだと思いますか)

※ Howは感嘆文にも使われる。

How it blows!(何てひどい風でしょう)

ビートルズの歌詞に出てくる強調の副詞and how

Something You know I believe and how

次は動詞について見てみましょう。

  • 英語学習トップページ
  • 第1章:文の構造
  • 第2章:5文型
  • 第3章:文の種類
  • 第4章:名詞
  • 第5章:冠詞
  • 第6章:代名詞
  • 第7章:形容詞
  • 第8章:副詞
  • 第9章:動詞
  • 第10章:助動詞
  • 第11章:接続詞
  • 第12章:関係詞
  • 第13章:前置詞
  • 第14章:群動詞
  • 第15章:比較構文
  • 第16章:否定構文
  • 第17章:受動態と能動態
  • 第18章:仮定法
  • 第19章:不定詞
  • 第20章:分詞
  • 第21章:動名詞
  • 第22章:話法
  • 第23章:倒置
  • 第24章:強調
  • 第25章:省略
  • 第26章:名詞構文
  • 第27章:無生物主語
  • 第28章:挿入構文
  • 第29章:英語独特の会話表現
  • 第30章:英会話の決まり文句
  • 第31章:会話表現の特徴
  • 第32章:会話表現の発音
  • 第33章:覚えるべき会話表現
  • 第34章:誤解しやすい会話
  • 第35章:韻を踏んでいる歌詞
  • 第36章:お決まりのフレーズ
  • 第37章:教科書と日常の英語
  • 第38章:Beatlesの頻出単語
  • 第39章:英語の咄嗟の一言
  • 第40章:話しかけるフレーズ
  • ビートルズの曲名に基づく索引(a,b,c,…)
  • 英国オリジナルアルバムの発表順に基づく索引
  • 関連記事

    おすすめ記事

    最近の記事

    1. There must be more to life than thisの意味を文法的に辿って解釈

    2. 2022年に撮影した自然のワンショット動画

    3. マイク・マイヤーズとボ・ラプ

    4. Which Beatles album do you think is the best?

    5. Which Beatles song is perfect for a wedding?

    カテゴリー

    タグ

    TOP