Now And Thenの歌詞のstayは状態動詞ではなく動作動詞かという疑問

未分類

Now And Thenの歌詞のstayは動作動詞かという疑問

And if you go away, I know you’ll never stay.
この文の主節は従属節の意味と重複しているように思うののですが、不思議ではないですか?
同じことを2回言っているというか、go awayしたら決してstayしないだろうというのは当然のようにしか私は感じないのでモヤってしまいます。
「行ってしまえば決して滞在しないだろう」って、当たり前ではないですか?
わざわざ意味が重複しているような文を持ってきたのはなぜでしょう?
それとも「〈…の〉ままでいる」の意味のstayのあとに何か省略されているのでしょうか?
私の抱いている違和感はただ私の英語の解釈がおかしいだけなのでしょうか?
この場合のstayには状態動詞ではなく動作動詞の意味があったりするのでしょうか?
つまり、stayには動作動詞go awayの反対の動作動詞の意味もあるのかということです。
「行ってしまう」のに対して「戻ってくる」みたいな意味はあるのかということです。
あるなら私の違和感は解消します。一連の行動が成り立つし、意味が重複しないからです。
でも、元のlyricでは「go away」と「stay」をそれでなくても短い詩の中でわざわざ重複させている(ように少なくとも私には思える)のは何故なのか、解せないと感じるのです。

個人的には「そばに戻ってくる」というニュアンスがあるようにしか思えません。でも、英辞郎ON THE WEBで「〔新しい思想などが〕根を下ろす、根付く」というのがありました。これなら少しわかるような気がします。「もし行ってしまうなら決して根付くことはないだろう」という感じでしょうか。でもそれでも100%納得したわけではありません。
「stay」にはgoの反対語的な日本人にはなかなか理解できない(少なくとも既存の英和辞典には書いてないような)意味合いがあるのでしょうか。

Weblioには次のような意味も書いてあります。

《口語》〈…の間〉持続する,耐える,持ちこたえる.
stay the course (競走で)完走する; 最後までがんばる.

こういう意味もあります。

〔+補語〕〈…の状態に〉とどまる,〈…の〉ままでいる.

stay safeとかstay goldみたいな使い方です(goldは名詞ですが)。もしこちらの意味なら歌詞のstayの後ろに何か形容詞が省略されれていることになりますが、文脈的に何となくそれはなさそうです。
ただ、敢えてその余地も残しているという可能性はゼロではないかもしれません。

「行ってしまえば、もう最後までがんばることは決してしないだろう」的な?
「我慢も限界に達して出て行ってしまった」「そしてもう絶対に戻ってこない」的な?
「堪忍袋の緒が切れた」的な?

私の抱いている違和感が理解していただけたでしょうか。
とりあえずpendingにたままで引き続き頭の片隅に置いておこうと(アンテナを張ったままにしていこうと)思います。

Now and Then Lyrics(Official)に独自の解釈を加えた和訳:

I know it’s true
本当だよ
It’s all because of you
すべては君のおかげだ
And if I make it through
もし僕がうまくやっていけたら
It’s all because of you
すべては君のおかげなんだ

And now and then
時々、こう思うんだ
If we must start again
僕らがもしやり直そうとするなら
Well we will know for sure
きっと確信に変わる
That I will love you
僕は君を愛しているって

Now and then, I miss you
時々、君が恋しくなる
Oh, now and then, I want you to be there for me
時々、君にそばにいてほしい(って思うんだ)
(I) Always (want you) to return to me
いつでも僕の所に戻ってきて(ほしいって思うんだ)

I know it’s true
本当だよ
It’s all because of you
すべては君のおかげだ
And if you go away
もし君が行ってしまったら
I know you’ll never stay
君はもう絶対に戻ってこないだろうってわかるんだ

Now and then, I miss you
時々、君が恋しくなる
Oh, now and then, I want you to be there for me
時々、そばに君がいてほしい(って感じるんだ)

(interlude)(間奏)

I know it’s true
本当だよ
It’s all because of you
すべては君のおかげだ
And if I make it through
もし僕がうまくやっていけたら
It’s all because of you
すべては君のおかげなんだ

関連記事

おすすめ記事

最近の記事

  1. Whatever gets you through your lifeの意味

  2. Now And Thenの歌詞のstayは状態動詞ではなく動作動詞かという疑問

  3. 2023年に撮影した自然のワンショット動画

  4. There must be more to life than thisの意味を文法的に辿って解釈

  5. 2022年に撮影した自然のワンショット動画

カテゴリー

タグ

TOP