マイク・マイヤーズとボ・ラプ

ボ・ラプ

マイク・マイヤーズが映画ボ・ラプの中でI’m In Love With My Carをシングルカットの曲として強く推したのには伏線があります。

マイク・マイヤーズが主演のアメリカ映画「ウェインズ・ワールド」の中で「Bohemian Rhapsody, gentlemen?」「Good call!」といってカセットテープをACMペーサーのカーステレオに入れてハードロックのパートで同乗者全員でヘッド・バンギングして歌うシーンがあります。私が持っているQUEENのCHAMPIONS OF THE WORLDのVHSのビデオテープにもそのシーンがあります。その中でマイク・マイヤーズは「I’m In Love With My Carみたいな曲なんて聴けるか、Bohemian Rhapsodyに決まってるだろう!」みたいな意味のことを言っているのです。だから映画ボ・ラプの中では逆に「Bohemian Rhapsodyはシングル曲としてはだめだ。I’m In Love With My Carでいく」と言っているのです。映画内のレコード会社の社長は実在しない架空の人物だそうですが、マイク・マイヤーズを起用して、I’m In Love With My Carに関してはプラマイゼロに持っていくような粋な計らいをしている格好です。

この映画のおかげで「ボヘミアン・ラプソディ」が1992年に再びヒットすることとなりました。ちなみにあとでQUEENからお礼を言われたとも言っています。おそらくFreddieからでしょうが、「Thank you for using our song. Thank you for using our song.」と何度も言われたそうです。

関連記事

おすすめ記事

最近の記事

  1. There must be more to life than thisの意味を文法的に辿って解釈

  2. 2022年に撮影した自然のワンショット動画

  3. マイク・マイヤーズとボ・ラプ

  4. Which Beatles album do you think is the best?

  5. Which Beatles song is perfect for a wedding?

カテゴリー

タグ

TOP